ヒット作品はスタンダードから多様性に変化している【鬼滅の刃】

ヒット作品はスタンダードから多様性に変化している【鬼滅の刃】

コルク代表の編集者・佐渡島庸平のチャンネルです。

鬼滅の刃やSPY×FAMILY(スパイファミリー)など、ヒット作といわれる作品についてそのヒットの要因を僕なりに分析してみました。

鬼滅の刃

SPY×FAMILY

ブルーピリオド

<プロフィール>
1979年生まれ。東京大学文学部を卒業後、2002年に講談社に入社。
週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。
著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。

★コルク佐渡島の編集者としての活動や裏側はnoteで連載中!
https://www.sady-editor.com

★コルク佐渡島のTwitter

★コルク佐渡島のイラスト
いずいずさん( https://twitter.com/iziz_1984 )

#ヒット #鬼滅の刃 #SPY×FAMILY

鬼滅の刀カテゴリの最新記事